読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

6回目の注意

6回目は「内容理解重視」です。

と言うことは、この本の場合、むしろ隅々まで読む必要はありません。

著者の個人的体験や例題は、興味があればしっかり読んでよいですが、

「意味のある内容」はそこではないからです。

したがって、とばせるならとばして読んでください。

そういう訓練なのです。

 

5回目はなるべく早く、しかし、しっかり読んでください。

それは前提条件です。